肝硬変の症状

肝硬変はなったばかりの頃漠然とした初期症状でしかなく、見極めるのも難しいと言われています。 というのも食欲がない、吐き気がする、お腹の膨満感があると言ったことをはじめ、下痢や倦怠感と言ったほかの肝機能障害にも見られるような症状が肝硬変でも見られるからです。 肝硬変になる人の大半は肝炎と気づかずに変わらない生活習慣のまま日常生活を送り、気が付いたら肝硬変になっていたということがあります。 さらに症状が進めば目の白い部分や肌が黄色くなる黄疸が見られますが、黄疸はほかの肝機能障害でも起こる症状ですから医師の診断が必要となります。 また肝硬変はあざができやすくなる、腹水がたまる、静脈の膨張が見られると言った症状も見られ、進行していくと食道静脈瘤、肝臓がんと言った命の危険性を伴う病気に発展することもあります。

肝硬変の原因

こうした肝硬変は肝炎が発展したものが一般的ですが、アルコールの取りすぎも原因となります。 さらに糖尿病や結核、梅毒と言った病気から肝硬変にかかることもあるため注意が必要です。 肝炎の中でもB型肝炎、C型肝炎のように慢性化しやすいあるいは発見が遅れる可能性のある肝炎が進行し肝硬変になることもあります。 万が一肝炎にかかっていたとしても症状がない場合は発見の使用がありませんが、健康診断などを受けて見つかる場合もあるようです。 最近増えているのは脂肪肝が肝硬変になるパターンで、肥満体質の方や運動不足の方、食事の栄養バランスが乱れがちな方、過度のダイエットをした方は脂肪肝になりやすいので特に注意した方がいいでしょう。

肝硬変の予防と対策

肝硬変を予防するためには肝臓の負担をかけないよう普段から心がけることが大切です。 特にお酒の飲みすぎは肝硬変につながりやすいので、日本人の適量と言われている1日1合、ビール中瓶2本程度に抑えるようにしましょう。 飲みすぎのボーダーラインは大体日本酒3合程度と言われていますので気を付けてください。 週に1度でいいのでお酒を飲まない日を作ると、肝臓が常にアルコールの分解に追われるということが減り、肝臓も休むことができますから、細胞の回復を図ることができます。 それからタウリンを含む牡蠣やしじみなどを取ると肝機能がアップすると言われていますので、サプリメントなどを活用しながらお酒をよく飲む方は意識して取ってみるといいでしょう。 肝硬変は肝臓の機能が著しく低下し、繊維が増えることで硬くなっていきます。 肝臓がんや静脈瘤などに発展する前に早期発見に努め、治療を受けていきましょう。