肝臓が痛いときは要注意!疑われる症状

肝臓が痛むということは非常に危険な黄体と言えます。
もともと肝臓には神経がありませんしダメージを受けても回復したりほかの細胞でカバーする納涼を持っていますから、初期段階では肝臓が痛むということはありません。
もし肝臓が痛いというときは体の右側が痛みます。
これは肝臓が体の右情報にあるためで、肝臓を覆う腹膜の外側にある神経や臓器から影響を受けるためです。
正確な位置を知るためには左手を背中に回し、左手を広げて右の肩甲骨の下あたりに充てた部分です。
痛む、こる、張れていると言った症状がいられる場合は肝臓がダメージを受けている可能性があります。
勘違いしやすいのが隣にある胃の痛みで、本当は肝臓がシグナルを送っているのに胃痛と勘違いしてしまうということはよくあります。
また腰痛がある人はそのせいで筋肉に痛みが生じていると勘違いしやすいので注意しましょう。

 

肝臓は沈黙の臓器ですからおよそ3000億ある細胞のうち半数がダメージを受けたとしても特に危険信号を発することはありません。
我慢強い臓器と言われることもありますが、そんな肝臓が痛いということは肝臓の異常事態が深刻な状態だということです。
背中がやけに痛む、凝っているという症状が見られたり、右側の腰が痛むばかりか体がだるい、体がむくんでいるという症状がみられる場合は早めに病院を受診することが大切です。
またみぞおちの右側あたりに鈍い痛みが発生すると肝臓が腫れている証拠ですから、長引く腹痛がある場合は注意が必要です。
どうしても自己判断がつかないというときは足の甲の親指と人差し指の間の骨を、足首に向かって触っていき最もへこんでいる部分を押して痛みを感じるようなら肝機能の低下が疑われます。

肝臓が痛くなったらすぐに病院(内科・消化器科)へ!

もし肝臓の痛みがあり、病院に行こうと思ったら内科あるいは消化器科を受診してください。
定期的な検査を受けて異常があればかかるようにし、詳しい検査が必要と判断されたら総合病院の内科か消化器科を受診しましょう。
明らかに吐き気がある、嘔吐している、倦怠感があるなど肝臓疾患の症状がみられる場合は最初から総合病院を受診しても構いません。
個人病院にかかった後に総合病院を受診する場合は紹介状をもらうことができますので、紹介状を持って総合病院の受診予約をしてください。
肝臓は普段であれば痛みを感じることがない臓器ですから、痛みを訴えているということはよほどのことが起こっているということです。
少しでも体がおかしいな、と思ったら早めに病院を受診し検査してもらいましょう。