ビタミンの効果・効能

ビタミンはあらゆる栄養素の中で耳にする機会の多い栄養素の一つですが、その効能や効果は何かというと生命維持をつかさどり、さらに代謝のサポートに必要不可欠です。
代謝は様々なところで行われており、たんぱく質に脂質、そして糖質が体の必要な臓器や器官に運ばれるようにサポートしてくれます。
ほかにもビタミンは独自の作用を持っていますので、相互作用を引き起こすことも知られています。
ビタミンAとCとEの3種類が最も知られており、抗酸化作用を強め、細胞の産科を進める活性酸素の除去に役立ってくれます。
詳しくビタミンの働きについて見てみると、ビタミンB群は疲労回復などに役立っており、ビタミンB1は糖質の分解サポート効果があります。
ビタミンB2には肌の健康捕手と脂質の分解サポート、ビタミンB6には中枢神経の正常化、ビタミンB12には赤血球の生成サポートに腰痛と肩こりを和らげる効果があるとされています。

ビタミンが含まれている食品・飲み物

またビタミンという名前がつきませんが、二日酔い防止のナイアシンに抗ストレスのパントテン酸、アトピー性皮膚炎緩和作用のビオチン、赤ちゃんの生育を促す葉酸もビタミンの一種です。
ほかにも粘膜の保護のビタミンA、コラーゲンの生成を助けるビタミンC、カルシウムの吸収サポートのビタミンD、血液の流れをよくするビタミンE、止血が早くなるビタミンKがあります。

 

これらビタミンを多く含む食べ物としては野菜や果物が有名です。
ビタミンAはカボチャやニンジン、小松菜に多く含まれ油と一緒に取ることで吸収率が高まります。
それからビタミンB1は豚肉やうなぎ、にんにくやニラにネギなどに、ビタミンB2はレバーやサバ、サンマに納豆乳製品や卵などに、ビタミンB6はささみやまぐろ、かつお、鮭などに、ビタミンB12は肉類や魚介類、乳製品に、ナイアシンはレバーや鶏肉、サバやカツオやマグロなどに、パントテン酸は鶏肉や納豆、アボカドなどに、ビオチンは卵や納豆、しいたけなどに、葉酸は葉物野菜に含まれています。
美肌効果で知られるビタミンCは柑橘類だけではなくブロッコリーやホウレンソウ、ジャガイモにいちごなどにも含まれています。
ビタミンDは鮭やさんまをはじめ、マグロやブリ、かつおに縮緬雑魚などに含まれており、カルシウムの吸収を助けてくれます。
抗酸化作用の高いビタミンEはオリーブオイルやナッツ類、うなぎにかぼちゃといった食品に多く含まれており、ビタミンKは納豆やブロッコリー、ホウレンソウや春菊などに含まれています。
こうしたビタミンを含む食品を取りながら、体の活動をサポートしてくれるビタミンを補給してみませんか。